top of page

最大で17万人という目安。

茨城県が東海第二発電所で重大な事故が発生した場合の拡散シミュレーション結果を公表。

大井川知事もコメントしていたが、広域避難に必要な車両や避難所の資機材などを確保するうえで

「最大で17万人」という目安が示されたことは、とても大きい。

bottom of page