大子町新庁舎の内覧会へ。

3年前の台風水害により建て替えとなった大子町の新庁舎内覧会へお邪魔しました。

新庁舎はのべ5000㎡の純木造建築で、地元大子町産のスギをふんだんに使用しており、とても温かみのある建物でした。

町長のコメントに、「木造の良し悪しがある。良いところは活かし、悪いところは改善しながら町民と一緒に使っていく」との言い回しが印象的でした。