ディジタルディバイド解消に向けて

東海村社会福祉協議会が主催のスマホサポーター養成講座に参加しました。

ここでスキルを学んだボランティアの方々が、簡単な操作方法などを教わりたいという人をサポートする仕組みであり、住民同士が助け合う仕組み。

最初は、何となくぎこちない雰囲気でしたが・・・マンツーマン形式で住民自らが困っている住民を助ける。

これは大変素晴らしい取り組みであり、それぞれの地域でこうしたボランティアが活躍することにより、ディジタルディバイドの解消が大きく前進するということを感じました。